強い!犬のしつけ教室
強い!犬のしつけ教室
ホーム > アトピー > アトピーで風呂に入るときの注意は?

アトピーで風呂に入るときの注意は?

 

アトピーの方が風呂に入るときの注意点ですが、アトピーの肌はバリア機能が弱く、症状を悪化させる黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなっていますから、何より清潔にしておくことが大切です。

 

中には乾燥したり、かきむしった肌にしみるからと言ってお風呂を面倒に思う人もいるかもしれませんが、毎日お風呂に入ることは肌を清潔に保つことに加え、代謝をアップして体内の有害物質の排出を促すことにもつながるのでおろそかにはできません。

 

特にステロイド剤を使用している人は、いったんきちんと落とさないと次に塗る薬の効きが悪くなるということがあるので、必ずきれいに落としましょう。

 

アトピーの人がお風呂に入る際には温度にも気をつけましょう。温度が高すぎるとかゆみが増してしまうので、38℃くらいのぬるめのお湯がおすすめです。これは代謝能力をアップするにも最適な温度です。

 

10分間、ゆったりつかることで肌がやわらかくなって汚れを落としやすくなり、洗う際に必要以上の刺激を避けることができます。

 

また、じんわり汗をかくと同時に皮脂も分泌され、バリア機能が高まるという効果もあります。

 

石鹸やシャンプーは無添加・無香料の敏感肌用のものが刺激が少なくおすすめです。頭皮のアトピー フケ 湯シャン

 

よく泡立てたら手で泡を転がすようにやさしく洗いましょう。

 

タオルを使うなら刺激のあるナイロン製ではなく、肌にやさしい綿のものを選ぶようにします。