強い!犬のしつけ教室
強い!犬のしつけ教室
ホーム > 認知症 > 現代における認知症の治療や予防

現代における認知症の治療や予防

高齢化社会の到来などの影響により、認知症患者は急激に増えてきています。そのため、世界中において認知症の予防や完治を目的に研究や開発が行われていますが、未だにその領域には至っておらず、進行を遅らせる治療が主となっています。ただ、少しずつではありますが確実に進歩はしており、適切な方法によれば普段通り生活できるようになってきています。

認知症の治療は、脳に対する物理的な刺激や病気などの手術出来る場合を除いて、ほとんどは症状の進行を遅らせることが中心となります。その方法は薬物療法やリハビリテーション療法などが挙げられ、個人の性格や症状の程度などによって決められます。症状が重い場合には精神を安定させる薬なども用いられますが、副作用の心配もあるので慎重に判断されます。認知症予防の食事 また、リハビリテーション療法では、少し前のことを思い出してもらうことで記憶に働きかけることや、簡単な計算問題を出題して思考力を維持することだけでなく、それらによって精神を安定させることも目的となります。

これらの治療の際に重要になるのが、家族など周りのサポートです。認知症患者にとって病院などの知らない場所や慣れない場所などは、精神が不安定になりやすいので、安心できる家族などの協力が必要不可欠となります。場合によっては症状の進行が遅れるだけでなく、緩和する事例もあるので、献身的にサポートするようにしましょう。